スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【BoBs】『15分あれば喫茶店に入りなさい。』
インターネットをしていると、考えが次から次へと横にスライドしていき、垂直に深まりません

一日のうちで短時間でも「垂直思考」を行う時間を確保すること。

【BBM】より

情報多寡の時代。流されがち。iPod touch からiPhone4 へアップグレードして
それをさらに実感してます。

一方、ソフトバンクはつながりにくい・・特にNTT関連ビルにいると

それを実感します(笑)が、それでもつながるエリアがwifiのみとは段違い。

だからこそ、ポメラを使った方がいいのかも・・・

15分あれば喫茶店に入りなさい。15分あれば喫茶店に入りなさい。
(2010/09)
齋藤 孝

商品詳細を見る

スポンサーサイト
【BoB】「部下は育てるな!取り替えろ!!」
部下の指導であれば、 問題があっても
ただ叱るのではないのです。

相手が受け入れやすいように、相手を認めてから、指摘する、といった工夫が必要となります。

『考えるべきは「相手にどう話したら、注意が効果的になるか」という、この1点に尽きるはずです。』

【一日一冊】より

アメリカ経験の長い著者。タイトルは過激ですが言っていることは

至極まっとう。怒る目的は何なのか。相手を知らなければ効果的な

指導はできない・・・

部下は育てるな!  取り替えろ! !   Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)部下は育てるな! 取り替えろ! ! Try Not to Develop Your Staff (光文社ペーパーバックス)
(2007/09/22)
長野 慶太

商品詳細を見る

褒めればいいってもんじゃない!
【BoBs】

<ほめることや叱ること、物やお金でつることは、人の役に立ちたいという願いを殺してしまうことになる>



ほめることも叱ることも、物やお金を与えることも、すべて外からの働きかけで、外から子どもをその気にしようとする行為です


やる気の種は「人の役に立つ喜び」です。この動機づけの種を植えることで、子どもは一生、健全なやる気を保つことができます


ほめ言葉を行動を起こす動機づけにしてしまうと、子どもはほめてもらうために行動を起こすようになり、ほめてくれる人がいないところではやる気になれません


愛の証として、やたらと物を与えられた子どもは幸せになれません


『子どもの心のコーチング』菅原裕子・著  (BBMより)



子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方 (PHP文庫)
(2007/10)
菅原 裕子

商品詳細を見る
【BOBs】「日本は世界第5位の農業大国」
http://bit.ly/c5Js4r


コンセンサス

①      「日本の食料自給率は低い」

②      「世界的食糧危機が将来やって来るから、日本は率を高めて備えなければならない」

③      「日本の農業は弱く、保護しなければ崩壊してしまう」


【自給率】

 生産高ベースでは66%  (40%はカロリー! ベース。カロリーベースで国策を使っているのは日本だけ)

 日本の農業生産額  約8兆円 世界第5位   

 日本の農産物輸入額 約5兆円

【食糧危機】

 世界の食料供給量  215% 

 世界の人口増加   189% 

    (過去40年)


Q なぜ、自給率40%主張を続けるのか  )

A 農林水産省が既得権を守るため

官庁の硬直性ばかりが強調される今日この頃

ステレオタイプでなく、フェアに見る努力は必要

直感的には・・・農林水産省は・・硬直的な過去からの権力を維持したい省?

日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社プラスアルファ新書)日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率 (講談社プラスアルファ新書)
(2010/02/19)
浅川 芳裕

商品詳細を見る

「六角レンチの回し方でそいつが何年目かわかる」  
「設計はおもいやりだ」
(図面をひき続けて50年のベテラン

「報われないことはやらない」のが現在の風潮ですが、本書で紹介
されている職人たちに共通するのは、「たとえ報われなくても、い
いものがつくりたい!」という純粋な気持ち。

『シブすぎ技術に男泣き!』+ビジネスブックマラソン書評より


合理的・短期的にお金という尺度で成果・達成度を測り
そこで結果がでないものは切り落とすことを良しとする世の流れ

「時間と労力を最も効率良く現金化する。これがビジネスの本質なんだよ」(エンゼルバンク)
というのも一理も二理もある

しかし・・・評価基準が単一な社会は“つまらない”

「おもしろき こともなき世を おもしろく
 すみなしものは 心なりけり」

(銀座のてんぷら屋でシェフに「どのくらいで一流の天ぷらを揚げることができるようになるのか」と質問した時の
答えは「10年」でした。  
「天才!」では 1万時間の法則=1万時間 続けることができれば「天才!」になる、とありましたし、
1万時間というと1日4時間 365日休まず続けてまる7年かかります。 
「好き」がベースにないと”天才”にはなれません)
シブすぎ技術に男泣き!シブすぎ技術に男泣き!
(2010/01/20)
見ル野 栄司

商品詳細を見る


天才!  成功する人々の法則天才! 成功する人々の法則
(2009/05/13)
マルコム・グラッドウェル

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。