スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界の消費税
英国も、財政赤字削減のために、来年度よりVAT(付加価値税)の税率を現在の17.5%から20.0%に引き上げる。
2年間でトータル5%の引き上げ

ところで、日本の消費税と、英国を含むEU諸国、米国のVATとの違いに、軽減税率というのがあります。

他の国では、生活必需品関連(食料、新聞・書籍、燃料、医療、教育関連)については、通常より低い税率、ないしは免税措置が適用されています。

ただし、その定義は、国によって異なります。

【ドイツ】店内で食べるハンバーガーは標準税率の19%、持ち帰りは軽減税率の7%

【英国】同じTake away(持ち帰り)食品でも、フィッシュ&チップスやハンバーガーなど温かいものは標準税率の17.5%、スーパーのデリなど冷たいもの、冷めているものは無税。温度の基準は、気温より暖かいと課税だそうです

【カナダ】ドーナツを買って持ち帰る場合、5個以下だと標準税率の5%、6個以上だと無税。5個以下は、その場で食べられる個数で、6個以上は食べずに持ち帰る個数だから

【フランス】キャビアは標準税率の19.6%、フォアグラ、トリュフは軽減税率の5.5%。どっちもグルメ、贅沢の極みじゃないのか?と思う訳でありますが、これは、キャビアは輸入品、フォアグラ、トリュフは国産品だから

以上 英国在住の友人情報
=====

基準作りは、難しい。
合理的・フェアネス・・・そんな基準は価値観によって異なります。

そうしたギャップがあるから・・人間って面白い
スポンサーサイト
観光大国ベスト5   
1985年  53400万人
2009年  88000万人
2020年  160000万人

世界の海外旅行者数

2010年予想
1 フランス  8190万人
2 スペイン  5920万人
3  米国   5600万人
4  中国   5470万人
5  イタリア  4470万人

(クーリエジャポン 10月号)

日本   1000万人

国境が陸地で繋がっているか否かの違いは大きいと思いますが、実際訪問後の満足度率では、日本はトップランキングであると想像するのは、身内びいき?

日本ほど安全な国はない!
日本ほど綺麗・清潔な国はない!
日本ほど外国人に優しい国はない!

がんばれ   ニッポン!

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 10月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 10月号 [雑誌]
(2010/08/25)
不明

商品詳細を見る

【データ】21年ぶりの2兆円割れ
電子書籍マーケット(日本)

580億円 (2009)  書籍・雑誌マーケット 3%  

1300億円(予想 2014)

書籍・雑誌マーケット 1兆9356億円 

8492億円 (書籍 2009年 -4.4% )

1兆864億円(雑誌)


書籍

販売部数 7億1781万冊  

新刊点数 7万8555点 +2.9%

平均単価 1123円

返品率  40.6%

雑誌

販売部数 22億6974万冊  -33.3% (vs 2000年)

     (月�刊誌 15億1632万冊 -3.2%)

     (週刊誌  7億5342万冊  -8.9%)

発行銘柄数 3539点

http://bit.ly/cA8E1q


電子書籍マーケットは明らかに拡大

私もそれに貢献中(笑) 新型Kindleが待ち遠しい 

音楽業界ほどには広がりは早いとは思えませんが・・

音楽ソフト生産金額 3617億円

有料音楽配信     905億円 (2008)  25%
【データ】CMBS
【データ】CMBS

2340億ドル  2007年

112億ドル (-95%)  2008年

Bloombergより

GSとCITIがCMBS 7億8850万ドル発行

さて・・・吉とでるか

吉なら利幅はとても大きい

ミドルリスク・ハイリターンのタイミング?

皆が参加した時は、ハイリスク・ローリターン



米ゴールドマン、CMBS約680億円を発行-投資家呼び込みに躍起

    8月4日(ブルームバーグ):米金融大手のゴールドマン・サック

ス・グループがシティグループとともに商業用不動産ローン担保証券

(CMBS)7億8850万ドル(約680億円)を発行した。ウォール街

の金融機関各社は、大きく落ち込んだCMBSの販売拡大に躍起だ。


    関係者の1人が募集条件は非公表だとして匿名を条件に述べたと

ころによれば、最も格付けの高い部分の4億1060万ドル(年限9.86

年)は、指標のスワップ金利を135ベーシスポイント(bp、1bp

=0.01%)上回る利回りとなる。ドイツ銀行のデータによれば、CM

BS発行がピークに達しその後引き受けが落ち込んだ2006-07年発

行のCMBS利回りは指標金利を約320bp上回る水準だった。


    今回のCMBSは複数の不動産所有者の物件融資をまとめたもの

としては今年3件目。金融各社が市場復活を目指す中、投資家を呼び

込むため新たな特徴も打ち出した。ブルームバーグのデータによれば、

CMBS発行は07年に2340億ドルと過去最高を記録したものの、08

年は95%減少し、わずか112億ドルだった。


    ゴールドマンのCMBSの特徴の1つは、最も格付けの高い部分

を保有する投資家に対して、不良債権化した融資の処理を請け負う業

者を指揮・監督したり、交代させたりする権利を付与する。これまで

そうした権利が認められるのは、最もリスクの高い部分を購入する投

資�家に限られていた。


  7000億ドル規模のCMBS市場では、融資が実際に焦げ付いた場

合、最もリスクの高い部分を保有する投資家が自分たちの利害を優先

させる決定を下す恐れがあると懸念されている。ゴールドマンが示し

た条件はそうした不安に対処する狙いがあ
【データ 】為替感応度 と恐怖の円安
トヨタ: ドル 400億円、ユーロ 40億円

ホンダ: 160億円、15億円

ソニー: 40億円、75億円

パナソニック:20億円、11億円

任天堂:41億円、36億円

今回の決算見ても、任天堂はもろ影響を受けてましたが、

他は数字自体はよかったこともありますが、

ポーズで「85円では苦しい」と発言する程度

円高は85年プラザ合意以降、25年に渡る円高

そりゃ企業も対応してますよね。


日本全体を見ても・・

GDPに占める輸出の割合は15%

日本経済にとって怖いのは“円安”

でも25年も続くと、条件反射的になってしまう

特にメディアの論調はいつまでたっても

“円高=日本にマイナス”

自国通貨が高くなって破産する国は皆無

自国通貨が安くなってデフォルトする国・・・事例多数
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。