スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【一番恐ろしい瞬間】
それは、引き金を引かれる直前。

喜びも同様。

性欲の安売りが拡散する現在、
いわゆる最後まで行ってしまった後に残るのは、ちょっとした達成感と大きな後悔の念。

中年の恋の喜びは、キスまででいい。

そこで留まることで、感情の高まりは想像力を掻き立て、幸福感を増大させる。

久々に見た『LOST IN TRANSLATION 』でそれを確信しました。

まぁ相手が、スカーレット・ヨハンセン孃だから、それだけで十二分に胸ときめいたのかもしれませんが・・w


PS 現実の延長上で作られる想像力の中での幸福感に止まっていられるか、そこに人間としての成熟度が試される。

でも・・・スカーレット・ヨハンセンや『パリ・テキサス』のナスターシャ・キンスキーが目の前に現れたら・成熟なんてしたくない(^^)

ロスト・イン・トランスレーション [DVD]ロスト・イン・トランスレーション [DVD]
(2004/12/03)
ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン 他

商品詳細を見る

パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]パリ、テキサス デジタルニューマスター版 [DVD]
(2006/08/25)
ハリー・ディーン・スタントン、ヴィム・ヴェンダース 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
【ショック療法】
”巨人の星”時代、”根性”に勝る練習はありませんでした。しかし、「肩が痛ければ、さらに投げ込め!」や”ウサギ跳び”は、筋肉を痛めるだけであり、目的に対する合理性がないとわかってきました。


民主党の感情政治は、最も成功した社会主義国・日本へのショック療法・・資本主義の原則無視することで、中途半端であった国民への教育を促す絶好の機会を提供している・・・

しかし・・・この情報社会、お金の流れが瞬時に行われ、国だって数日で崩壊してしまうご時世。この感情政策の対価は限りなく高く・・・そしてそれは国民が払うことになる・・・

メディアは、”木を見て森をみず”政策を支持するのか? これまでも必要以上にそれを計る試金石はたくさんあり、ことごとく期待通りwの反応を示してきたのですが(勿論、全部とは言いません)、今回は・・・期待を裏切ってほしいなぁ。資本市場の根幹なんだけどなぁ。
サラリーマン川柳
「大丈夫 君ならやれる 別の事」

「まかしとけ きっと誰かがやるだろう」

「講演会 よく寝た人ほど 拍手する」

「帰るコール しなきゃ怒られ すりゃ不機嫌」

「喧嘩して わかった妻の記憶力 」

「サラリーマン川柳」より

その時の自分がわかる好きな句でw
【ポルトガル: 先進国でなかった欧州の国】
高校中退率
2,8%ドイツ
5,3% 日本
23,3% 米国
26,7% スペイン
37,1% ポルトガル

500年遅れの教育制度は「身分不相応の野心を抱かせない」ため

#CJP 6月号より

かつて世界を支配した国・・

<
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 05月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 05月号 [雑誌]
(2011/03/25)
不明

商品詳細を見る
【メキシコ:BRICsに入れない国 】
メキシコでは、2006年にカルデロン大統領が軍を動員して麻薬犯罪撲滅に乗り出して以降、「麻薬戦争」で3万7000人以上が死亡。(APFニュース)

メキシコでは、06年にカルデロン大統領が軍を動員して麻薬犯罪撲滅に乗り出して以降、「麻薬戦争」で3万7千人以上が死亡。 メキシコで誘拐事件が急増中。05年から317%増加2000件を超える。そこで活躍するのが米国民間企業。

メキシコでは麻薬組織が様々な犯罪に手を広げており、誘拐"ビジネス"が実入りの良い"商売"となっている。

そこに登場する米国民間企業。メキシコの富裕層からは、自国の警察より頼りになる存在。こうした企業は、FBIやCIAの元捜査官をコンサルタントとして雇っており、1日数千ドルの費用がかかるが、人質の解放率はほぼ100%・・  


米国を南北に破産で位置するカナダは、平和な国。メキシコは・・ターミネーターの先にある国のイメージが似合う国? 無政府・無法状態?米国の歪みを背負った国?北の澄んだ川上から流れる水は、途中で多くの毒素を含み南方のメキシコに流れ込む構図・


そんなメキシコに、740億ドルという世界一の金持ちカルロス・スリム(テレメックス)がいる。

危険な国、貧しい国における格差は日本人には想像できない大きさ。

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 06月号 [雑誌]COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2011年 06月号 [雑誌]
(2011/04/25)
不明

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。