スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニケーション・ブレークダウン
生きるためのコミュニケーション
(マズローの5段階欲求説 一段階)

生活のためのコミュニケーション

ビジネスのコミュニケーション

理解し合うためのコミュニケーション


文字で表すと同じ言葉でも、真意が伝わるコミュニケーションという意味では、字面は7%の役割しか果たさない。

とはいえ、相手が理解しやすい”言葉”は必要

音楽が好きな人には、音楽関係の比喩が有効

但し、中途半端な知識で誤った例えをしてしまうと全くの逆効果。
 
それでも”好き”であるなら、誤った使い方も許される。

好きなことが多ければ、すなわち人生を楽しんで生きているなら、伝わる言葉は多くなる。好き=熱意には、人と人の間に立ちふさがる壁を壊す力がある。

逆説的ですが、苦難が多ければ伝わる言葉は多くなる。
苦悩のない人生など無いのだから。
誰に対しても、上手くいった話より、失敗談が受け入れられる

(失敗)体験から湧き出る言葉以上に万人に通じる言葉はないのだから。


ボキャブラリー・・・まだまだ少ないなぁ(ふぅ・・・ため息)

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。