スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
評価されるな!
天下のNHKが、トップニュースで”ノリピー”の逮捕を延々放送するなよ!デビューから紅白歌合戦の映像もご丁寧に紹介して・・・

さすがに?、日経だけは一面に載せなかったけれど・・・・
世界最大の発行部数を誇る、読売・朝日・毎日・産経。どれもこれも、そんなのニュースにするのではなく、なぜ長崎には広島原爆記念館的な存在が消滅させられたのか・・・などメディアとして追求すべき事は、いくらでも見いだせるでしょう。<=といいつつそれをチェックする私・・・(武田鉄矢熱演の刑事ドラマ”リミット” 直後のNHKニュースをたまたま見てしまったがため・・・思わずチェックしたくなったのです)


メディアの評価なんて、斜に構えて見なきゃね。

ナポレオン・ヒルの成功条件の中に、次のアドバイスがあります

”単なる友人や親族は敬遠する。こうした立場の人々の多くは、悪意はないのですが、しばしば意見をはさみ、ひやかすことがあります。そのことによって数多くの人々が人生に劣等感を抱きます。
配慮を欠いた意見やひやかしは、結果的にあなたの自信を失わせてしまいます。
 この世の中で、他人の意見ほど無意味かつ無責任なものはありません。”
(速聴で聴く巨富を築く13の条件   第7の条件 ”決断力”より)


世界最強のロックバンド Led Zeppelin のジミー・ペイジは、2005年(遅すぎた)グラミー賞受賞時のインタビューで次のように語っています。


”今でこそこんなに賞賛を浴びているけれど、昔の僕たちは常に酷評されていたということさ。アルバムを出す毎に、酷評されていたんだからね。”

(現役時代は、グラミー賞にノミネートすらされなかった。アメリカはLed Zeppelin を評価するのに解散後25年もかかった)

”アメリカのロック業界は、(アメリカだけで英国バンドとしてはビートルズに次ぐトータル7000万枚、4枚目(”天国への階段”や”ブラック・ドッグ”が入った彼らの代表作)だけで1800万枚売った)”Led Zeppelin をきちんと評価してこなかった。生意気すぎるとか、騒々しすぎるとか、成功しすぎだとか・・・

ローリングストーン誌もかつて、ツェッペリンの成功の極みを次のように鼻であしらったことがある
”一人のイギリス人に、5万ワットの電力とプライヴェートジェット機と、わずかのコカインと、グルーピー数人を与えてみるといい。そいつは自分を神だと勘違いするだろう”

(rockin'on 2007年12月号より)
===========

1966年の(ビートルズ)来日記者会見では、
「名声も富も得たと思うが、次は何を望むのか?」
という質問に対して、ジョンは一言

”ピース” と答えている。


このとき記者たちは爆笑していた。

(なぜなら当時)ロックバンドのメンバーが”平和”を口にするとは、マスコミには考えられなかったのである。

(CUT 2007年12月号 特集”ジョンは何と闘ったのか”より)
==========

時代の先を行くものを、まっとうに評価することは難しい。
批判したいが批判されたくないし、嫉妬芯は客観性を容易に凌駕してしまう。

少なくとも、自分の頭で考えて、自分で判断する

それが大事・・・です(自戒の念を込めて)

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。