スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰でも幸せになれる話 
誰でも幸せになれる話  ・・・・・”もしもし地獄”に比べたら

斎藤一人さんの”千年たってもいい話”から、もう一話紹介します。

斎藤一人 千年たってもいい話斎藤一人 千年たってもいい話
(2009/08/22)
斎藤一人

商品詳細を見る


===========
ある人が死にました。
(このある人、自分だと思ってね)

「おまえ、もしもし地獄に行きなさい」って言われて、
その人はもしもし地獄に行きました。

そしたら、そこはいいところです。

「いいところだなぁ。花は咲いてるし、鳥は飛んでるし。
こんないいところ、ないなぁ」

でね、景色もいいけれど、人間がやさしいの。
会う人、会う人、みんな優しいの。

「いいところだなぁ」って言って芝生に腰掛けてね、
風に吹かれてたらね、幸せになって眠くなっちゃって、寝ようとしたら


「もしもし、もしもし」って起こされるの。

ここ、寝かせてくれないの。

寝ようとすると、「もしもし、もしもし」


それでもう5日目。
なんとか寝られないかと思って、
その人、まぶたの上に目を描くの。

もう目ぱっちりで、これで寝れるってね。
それでね、起きてるふりして寝ようとすると

「もしもし、もしもし」って起こされるの。


10日目になるとね、人間、神経に限界がきちゃうの。

で、「もしもし、もしもし」とやられるとね、

「うるさい」って言うの。

「もう、ほっといてくれ!」って。

そしてね、暴れ出すの。家なんか壊して、めためたに暴れるの。

そうすると、
「わかりますよ。その気持ち。好きなだけ暴れて下さい。」
っていって、もうね、暴れて暴れてへとへとになって、
ふぅーっと寝ようとすると

「もしもし、もしもし」
「もしもし、もしもし」って起こされるの。

=========

さらに話は続きます。

「一年に一度だけ、寝て良い日があります。 それは明日です」


天にも昇る気持ちで翌日を迎え、
さぁ 寝よう・・・とすると


「もしもし、もしもし」
「もしもし、もしもし」って起こされるの。


「今日は寝れると言ったじゃないですか」

と言うと

「何言っているんですか。今日は4月1日です。
エイプリル・フールですよ。

さぁ 笑いましょう」


そりゃ笑えません





こんな”もしもし地獄”に行かされることと比較するなら

嫌な上司と日々会うことも、楽な修行と思えます・・・


視点を変えると日々の出来事も変わってくる

所詮 事実なんて自分の頭で作り上げるもの

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。