スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康と幸福論
60代現役ロックミュージシャンたち(ストーンズ、ポール・マッカートニー、スティング、The Who、Led Zeppelin etc)の多くは、10代・20代でドラッグに溺れた時期がある。(溺れて他界したミュージシャンも少なくはないが・・・)

彼らのインタビューを読むと、やはり一線は超えていなかったようだ。一線を超えた場合も、そこで止まる時間は結果として長くはなかった。


「ただの不幸ならまだしも、金持ちになって、有名になって、成功して、それでもどうにもならなかったってことになると、もうどん詰まりなんだぜ。・・・・・アル中が最悪だったときでも、僕はそうしたモノは全て持っていた。美人の女房もいたし、車も何台もあって、家もあって、金もあったし、友達もいた。男にとって必要だと思われるものは全て手中にしてて、それでいて僕は酒に溺れざるをえなかった。それどころか僕は抑鬱状態にあって、自暴自棄になってたんだよ。
」 エリック・クラプトン (SIGHT 2000年春 特集「老いてこそロック」)


1945年生まれ 現在63歳のエリック・クラプトン

至って元気

来春 再来日 武道館コンサートは安い席でも8000円。

(ポリスは3万円でした・・・・が・・・見たかった)

ライヴライヴ
(2003/06/27)
ポリス

商品詳細を見る



今月の rockin'on のスティーブン・タイラー(エアロスミス)のインタビューの最後の一行には説得力がありました

Ultimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツUltimate Aerosmith Hits/アルティメイト・エアロスミス・ヒッツ
(2002/07/03)
エアロスミス

商品詳細を見る



読者へのメッセージ
クリーンが重要  ドラッグは一瞬、音楽は永遠 (ドラッグやるなよ!)」 




スポンサーサイト
コメント
Re: Re: 健康と幸福論
グランベリーさん

旦那さんのクラプトン(嫉妬)陰謀説 面白すぎます
ジミー・ペイジのオチも最高でした 
2009/03/15(Sun) 10:50 | URL | Charlie | 【編集
Re: 健康と幸福論
遅いコメントですがぜひチャーリーさんに聞いて欲しい話がありまして、亭主はジミヘンとスティーヴィー・レイ・ヴォーンはクラプトンよりギターがうまかったので嫉妬され殺されたと常日頃から言ってます。

ツェッペリンのコンサートがジミーペイジの手の怪我で延期と言うニュースを聞いた時に「これもクラプトンの陰謀?」と聞いたら「違うな、多分クラプトンはジミーペイジが自分よりうまいとは思ってない、だいいち黒魔術が恐いだろ」と真剣な顔をして言ったので笑ってしまいました。

ブラックベリーですが、カーブとパールと言う機種以降は一般の加入が急激に増えたようです。 
2009/03/14(Sat) 14:09 | URL | クランベリー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。