スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出版不況は続く・・・・だけど良いものは良い  
16300店 (全国書店数 2008年5月) 前年比 ー750店

2兆円  08年 出版物販売額  前年比マイナス3%

574店  08年6月 携帯サイトの電子書店
(内 マンガ 267店   写真集 155店 文芸・総合 152店)

355億円  08年 電子書籍販売額 前年比 約2倍
(うち携帯 283億円 )



10%  本の印税
15ー20%  電子書籍の印税

(日経 09/2/8 エコノ探偵団 より)


日本の本屋ってすごいですよね
(全世界をくまなく比較できるわけではないですが、主要欧米亜の国で例えば大手町紀伊国屋(1フロアだけの店舗)に比較できる本屋を見たことがありません。日本ではこれ以上の本屋は数多くあります)


きれいだし、大型店は検索も容易だし・・・・

だけど 不況 文字離れは続く


最近は良質の本紹介のメルマガも多く、そのフィルターを通して選んで読んだ本にほとんどはずれはありません
(”ビジネスブックマラソン””一日一冊””ココロにしみいる読書”など ブレの少ない優れた本紹介のメルマガです)

(映画もメディアより個人発信のほうが良いものがあります
例えば ”ネタバレ映画館” )

選択肢が多くなり、一方 フィルター役も多くなったので、そして見たいとき、読みたいときにすぐ見れる・読める仕組みも作られているのに・・・・・

売れない・・・そして駄作も数多い状況は続く・・・・

スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます
青雲さま  

”豚もおだてりゃ木に登る  ブー” ヤッターマンより(笑)

うれしいお言葉 感謝です

2009/03/07(Sat) 06:59 | URL | Charlie | 【編集
Re: 出版不況は続く・・・・だけど良いものは良い  
いやいや冗談ではなく、あなたほどの筆力と豊富な経験があれば、一冊はモノにできます。ただし、二冊目以降は保証の限りではありません(笑)

それほどに出版界は厳しいのです。まずは、しっかりとテーマを絞って書き貯めてください。ダラダラと書き散らかすのはいけません。特に中東モノは体験者も少なく、希少価値があると思います。

ただ、今回のドブログのようなこともありますから、しっかりしたバックアップは必要でしょうね。



2009/03/05(Thu) 21:39 | URL | 青雲 | 【編集
ありがとうございます
青雲さま  出版といえば青雲さま

素直に反応していただき光栄です(笑)

時々 Charlieさんは本を出版しないんですか。買いますよ。と言ってくれる人がいます。

出したら100部ぐらいは売れるだろうな・・・とは確信(笑)しているのですが・・・


印税ゼロもあるんですか・・・・

世の中 甘い話はないですね
2009/03/05(Thu) 21:11 | URL | Charlie | 【編集
Re: 出版不況は続く・・・・だけど良いものは良い  
うむ、このネタは私を釣ろうとしているやうな・・(笑)

よく印税10%が標準だっていうけど、のっけから10%も貰える人は少ないです。春山さんも言ってたけど、最初は8%くらいかな。増刷後にやっと10%ってとこです。6%とか印税ゼロなんて出版契約もあります。「出版界の蟹工船」ですな。

それでも、自費出版とかでナン百万も持ち出しになるよりはマシと思う人も多いのです。特に大学の先生とかは、著書がないと恥ずかしいし、実績や研究歴にも響きます。印税は入らなくても、学生に教科書として売りつければいいのですから。世の中うまく出来てますです。
2009/03/04(Wed) 18:56 | URL | 青雲 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。