スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
運動会を控える子供をお持ちの親御さんへ
”走り方”って教えてもらったことありますか?

効率的にエネルギーを足の動きに変え、
それを地面に伝え、最も効果的に前に進む力に変える方法を知っていますか?

自分は、ピッチ走法か、ストライド走法か、ご存知ですか?



なんとなく走れるから、あとは”根性”でがむしゃらな練習をしていませんでしたか?


”運動会で一番になる法”

”2時間で足が速くなる”


走る理論が確立してきたのは90年代以降

その理論は、日本で実証・実践された。


その結果、黒人以外の人種で
100メートルを最も早く走ったのが日本人である伊藤浩司
(10秒フラット)


誤解を恐れずに言うと

瞬発力という野生に近い能力は、人間の起源の地であるアフリカにいる黒人が最も優れており、それは”智恵”などによる進化した最効率なトレーニングでは補えない・・・

補える範囲で最効率なトレーニングを実践し結果を出しているのが日本人


イチローも採用している”振り子理論”

福島大学を陸上の聖地としている”ポン・ピュン・ラン”




もっと若い頃に読んでおけばよかった・・・・・

短距離早いと、モテそうだもんな<=こんな理由か!(笑)


PS  小学生の子供に実践させて臨んだ運動会・・・・・
やはり2時間では難しかった・・・ (指導者も良くなかった・・・)

今日から1年かけて、私自身も含めて改造だ!
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。