スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しんぼる
しんぼる 

「松本人志が映画を変える」cut 9月号

メキシコのプロレスラー一家と密閉された部屋に閉じ込められらパジャマ男

その二つの話が平行に進み・・・・・

いろんなプロットが平行に語られ、徐々に重なりあい、終局場面で見事に統合しカタルシスを味わえる映画があります。

マグノリア( トムクルーズ最高傑作)
クラッシュ( アカデミー賞受賞作品  ポールハギス ) 等など

何処に接点があるか、全く想像できない時間・空間が、自分の想像力を超えて結び付いた時
知恵は生まれる

だからといって、しんぼるが、知的想像力を掻き立てる"繋げる"内容だったかと言うと、正直⁇⁇


実験映画と割り切れろなら評価できるのかもしれませんね。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。