スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょっこりひょうたん島
メロディの持つ力は非常に強い

ストーリーなぞとっくの昔に忘れても
主題歌やテーマメロディは忘れない


谷川俊太郎氏は講演会で、朗読を中心に話を進めるのですが、途中で谷川さん作詞の歌をカラオケに載せて歌うと、拍手は朗読後の数倍の大きさ。

谷川俊太郎さんは、そのカラオケ後のコメントで、「詞が歌に負けるのは、大いに問題であります」
(半分本気半分冗談)

音楽はほ人を動かす


Rock against Bush の効果は、4年後に実現

Imagine は911 テロ直後に、全米のラジオから排除された。
John Lennon とヨーコは、半社会的存在としてFBIに尾行/盗聴された。

音楽の力を恐れた米国権力層




南アフリカでは、音楽により、人種差別を訴える運動が起こり、結果をもたらした。
( 映画 アマンドラ より )


日本では     音楽力は弱い国  か
それとも、権力者が権力を維持し易い国なのか
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます‼
青雲さま

御無沙汰しております。!!
082さんのところでは、お見かけしておりましたが、おこし頂き光栄です.

それにしても、青雲さんが、新人の頃とはいえ、
♬波をちゃぷちゃぷ と踊っていたなんて、ポジティブサプライズ(笑)
2009/11/08(Sun) 08:39 | URL | Charlie 2011 | 【編集
ご無沙汰です
♫波をちゃぷちゃふ、ちゃぷちゃぷ搔き分けて~と、振り付けつきで今でも踊れます(笑)

ウン十年前の新入社員歓迎会で、これを踊ったところ大ウケで、役員にも一度で名前を憶えてもらえました。
2009/11/07(Sat) 11:18 | URL | 青雲 | 【編集
Charlieさん、吉幾三拝見しました。これもすごい、よく出来てますねえ(っていうのかな一応)(^^;。
Blogはなんか書くのが前より億劫で、脳軟化を防ぐためにも記録は残しといた方がいいんですけどね。最近の20年金利のスワップスプレッドや日本ソブリンのCDSの急騰の理由とかトピック的なものは書いといた方がいいんでしょうけど。。まあ本業のとある案件が一段落したので、そのうちまた始めてみますです(^^)。
2009/11/05(Thu) 00:11 | URL | ポジティブ・ガンマ | 【編集
吉幾三
ポジさん

YouTube 見ました。  ありがとうございました。



す・ご・い  というか・・・・

日本の歌謡曲業界も、何でも取り込んでいたのですね


ところで、このYouTube近辺に、 吉幾三が数多くのミュー十シャンとコラボ?しているものがありました

キングクリムゾン、イエス、マイケルジャクソン

これら・・・・それぞれ、中々 合っているんです


それにしても、誰が編集したんでしょう?



2009/11/01(Sun) 16:59 | URL | Charlie 2011 | 【編集
Re: タイトルなし
ポジさん

ご無沙汰です
最近、EUROSELLERさんのブログからポジさん復活を知りました


それにしても、カバー曲として、自分達のライブで取り上げるのなら
皆知っていて”盛り上がる”ことが、重要(たぶん)

にも拘らず・・・・・・ ほんとに好きだったんですね

それにしても ザ・ピーナッツ・・・・・なんと懐かしい名前


超貴重な(笑)情報をありがとうございました


そういえば、これも昔々 渋谷陽一のラジオで、”パクリベスト10”のような特集をやったとき、
山口百恵のアルバムに、ピンクフロイドのエコーズそっくりな楽曲があり、それが紹介されてました

あんな長い曲、しかもパクル対象として???

プロデューサーか作曲家の方、 マニアックに好きだったのでしょうね
2009/11/01(Sun) 16:46 | URL | Charlie 2011 | 【編集
ちなみにネタ元はこちら。
http://suehira.com/kc/index.html
ザ・ピーナツやフォー・リーブスによるカバーはYoutubeで聞くことができます。発掘してきたひとはエライなー。。。
2009/11/01(Sun) 00:54 | URL | ポジティブ・ガンマ | 【編集
Charlieさん、大変ご無沙汰しています。えーと、突然音楽ネタなんですがKing Crimsonのカバーを日本の昔のミュージシャンが結構やってるのってご存知でした。僕はもう驚愕です。
あのザ・ピーナツがEpitaph歌ってたり、アイドル時代のあいざき進也が宮殿をきゃあきゃあ言われながら歌ってたり、西條秀樹はなかなかいいですね。あの高嶋兄弟の兄(政宏)のStarlessのカバーは確かにジョン・ウェットン張り。うーむ歌謡曲のひとたちがクリムゾンをこんないカバーしていたとは。。日本の歌謡シーンは奥が深いのか(^^)。くだんない話で失礼しました(こんな話Charlieさんくらいしか聞いてもらえないとおもいまして)。
2009/11/01(Sun) 00:51 | URL | ポジティブ・ガンマ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。