スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
過去の精算が下手な日本人
”硫黄島からの手紙”に出演した時にも感じたのですが、日本人は過去を精算するのが、本当に下手だと思う。あの映画は本当は日本で、20、30年前に作っておくべき作品なんです。損益のプラス面だけでなく、負の歴史も我々は冷静に分析し、間違っていたことを検証し、どうすればよかったかを考えねばならない。”
(渡辺謙インタビュー  産経新聞09/11/3より)

硫黄島からの手紙 [DVD]硫黄島からの手紙 [DVD]
(2009/08/05)
渡辺謙二宮和也

商品詳細を見る




日本ってほんと外交下手=世界の鴨ネギ

中途半端な”謙遜”=”美徳”という価値観が、メディアや大衆を包み、それを黙認させる。


例えば、湾岸戦争

結局 世界最大130億ドルも払ったのに、
わずか2隻の軍艦を出航させたフランスに比して
世界から全く評価されない・・・それそころか、
鼻で笑われるとは・・・・

しかも、当初90億ドルの支出と大々的に報道されていたのに、メディアも騒がない中で、ひっそりと増額されている・・・

そんな湾岸戦争後に、中東勤務

日本人であることは、とても比較優位であると実感しました

それは、上記のお金を払ったから・・・というより
中東の王族以外のビジネスマンでお金持ちになったのは、ソニーやトヨタ、東芝、日立(HI-TA-CHI  ハイタチと読んでたアラブ人がいました。  NIKE は”ニケ” と読むのでしょうか(笑) ) の販売代理店となった一族。

利益をもたらす人は歓迎される

そのメリットを感じさせていただきました。

先代の商社・メーカーの皆様、ありがとうございます


元へ

ヴェトナム戦争の米国

ナチスドイツ


それぞれの贖罪を、どのように行ったのか

米国は、国としてというより、
個人・プライベート体が映画・小説などを通じて贖罪を
行っている

ディアハンター
地獄の黙示録
プラトーン
フルメタルジャケット
7月4日に生まれて
ディア・ハンター デジタル・ニューマスター版 スペシャル・エディション 【-プレミアム・ベスト・コレクション-リミテッド・エディション】 [DVD]ディア・ハンター デジタル・ニューマスター版 スペシャル・エディション 【-プレミアム・ベスト・コレクション-リミテッド・エディション】 [DVD]
(2009/10/23)
クリストファー・ウォーケンメリル・ストリープ

商品詳細を見る


地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]地獄の黙示録 特別完全版 [DVD]
(2009/07/17)
マーロン・ブランドマーティン・シーン

商品詳細を見る

プラトーン (特別編) [DVD]プラトーン (特別編) [DVD]
(2008/10/16)
トム・ベレンジャーウィレム・デフォー

商品詳細を見る

フルメタル・ジャケット [DVD]フルメタル・ジャケット [DVD]
(2008/09/10)
マシュー・モディーンリー・アーメイ

商品詳細を見る

7月4日に生まれて スペシャルエディション [DVD]7月4日に生まれて スペシャルエディション [DVD]
(2005/11/25)
トム・クルーズウィレム・デフォー

商品詳細を見る



イラク戦争の贖罪は.....これから・・・・・・・



ドイツは、次回
スポンサーサイト
コメント
Re: タイトルなし
クランベリーさん

ありがとうございます 探してみます

作品としての質はいかがでしたか?
2009/11/21(Sat) 09:40 | URL | Charlie 2011 | 【編集
USのグーグルだと凄い数のトリビュートバンドやそのCDが出てくるので諦めかけていたところ、日本のグーグルで探してみたら結構簡単に見つかり拍子抜けです、タイトルはEncomiumでした。

お騒がせしました。
2009/11/16(Mon) 05:57 | URL | クランベリー | 【編集
Re: タイトルなし
クランベリーさん

コメントありがとうございます

硫黄島の二宮くん ほんと良かったですね

zepの件は、すみました、知らないです。
ポジさん なら御存じでは?
2009/11/13(Fri) 10:58 | URL | Charlie 2011 | 【編集
硫黄島からの手紙は日本へ向かう飛行機で見ました。途中でウルウルなりかけていたのが、最後に手紙がはらはら舞うシーンで涙が止まらなくなり手元のティッシュを使い切りFAがAre you OK?と追加を持ってきたほどです。 DVD二部作とも購入し3回ほど見てますがやはり最後に涙腺が緩みます(年のせいかも知れません)二宮君は良い演技でしたね。

地獄の目次録は映画館に二度見に行きましたが二度とも睡魔に襲われました・・・

ところで、クリムゾンのカバーの話題で盛り上がっておられましたね。 高嶋政宏はロックお宅らしいので解りますが、あいざき進也は「へ~x3」でした。 ザ・ピーナッツのロックカバーでふと子供の頃に母に無理矢理連れて行かれた美空ひばりコンサートでジャズがすごく上手だったのを思い出しました。 

そう言えば十何年か前にZeppelinを当時流行のミュージシャンがカバーしたCDが有ったのですが紛失しタイトルも覚えてないので探せません・・・Charlieさんご存じないでしょうか。

なんだか話がそれて失礼しました。
2009/11/10(Tue) 15:04 | URL | クランベリー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。