スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資と沈没潜水艦発見法
潜水艦が沈没した際、場所を突き止める推論の立て方


潜水艦の設計者や操縦者、沈没したあたりの地形に詳しい人など、それぞれ各分野の専門家を集め、彼らの専門分野からそれぞれ推論してもらう。

その際、彼らが合同で議論することはない。そうすると正しい推論はできない。

大事な点は、合同議論することではなく、一人一人が他から分離され、孤立した形で推論させると言うことだ。

そして彼らの考え全てを材料に、より総合的な見地で判断できる人が最終的な判断を行う。

そうすれば、沈没した位置がかなりの精度で特定できるのだという。

「壁を越える技術」西谷昇二 より
================

おぉ 優れた投資手法と同じじゃないですか

専門家情報はアナリスト

インターラクティブに情報のやりとりができる関係なら
なおいいでしょうね

それがないならインターネットから収集する(質の判断ができている)情報での代用と余り変わらない



それらを集めて、自身の情報と組み合わせ、鳥瞰して最終投資判断する

最終判断者一人
壁を越える技術壁を越える技術
(2007/10/11)
西谷 昇二

商品詳細を見る


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。