スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ルポ貧困大国アメリカ ?』堤未果
「アメリカの直面している危機は、金融危機などではなく、人間に投資しなくなったこと」

『ルポ貧困大国アメリカ ?』で取り上げられている大学授業料の加速度的な値上げと就職難に伴う学生ローン債務不履行者の増大の問題。

マイケルムーアの「シッコ」で題材とされた医療制度の問題。オバマ改革も、医薬品・医療保険業界の圧力に屈し、すでに骨抜き状態。

貧富の差の拡大も一因となり、増加する囚人人口と、刑務所運営の民営化と急拡大する囚人・刑務所ビジネス。

漠然と、表面上だけで、認識していた米国の歪み。そのリアルな姿を見せられると、
「アメリカン・ドリーム」の影の部分は、今やマジョリティに共有されてしまっている現実に愕然とさせられます。

オバマ大統領への支持率が、急速に低下している現実を理解させられます。


====
「学生の4分の3が学資ローンを抱えている」

「現在不良債権化した学資ローンの数は全米で約500万件。金額にすると総額400億ドルになる」

「2008年10月の時点で年金をはじめとする公的給付プログラムの債務は50兆ドル、国内の全世帯がそれぞれ44万ドルの借金を抱えている状態」

「これから生まれてくる世代への負担に換算すると、新生児一人あたり15万6000ドルの債務が押し付けられていることになる」

「GDPの7分の1を超える医療費と国民の約7人に一人の無保険者を抱えるアメリカ」


「アメリカの総人口は、世界の5%だが、囚人数は25%」

その囚人たちは、インドや中国へのアウトソースより、安い賃金で雇える労働者として、存在感を高めている。

また、刑務所REITは、ローリスク・ハイリターン金融商品として大人気。


ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
(2010/01/21)
堤 未果

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございますRe: 名言ですね
コメントありがとうございます

足を使った取材をしてますよね

人を育てるには時間とコストがかかる

時間とコストの軸を作り間違えた

即戦力 即効果 それだけを求めてた結果

国は滅ぶ


そんな国を見本に、自分の良さも確認しないで、捨て去っている

頑張れ 日本!

2010/02/11(Thu) 09:44 | URL | Charlie 2011 | 【編集
名言ですね
「アメリカの直面している危機は、金融危機などではなく、人間に投資しなくなったこと」少なくとも自分がここ数年で聞いたアメリカ分析の中で最も鋭く言い当ててる言葉でした。早速買って読みました。驚愕、、、日本のメディアは何でこういう取材をしないんだ???いい本の紹介ありがとうございました。
2010/02/07(Sun) 20:25 | URL | atsushi99 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。