スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『沈まぬ太陽』
【お勧め対象者】
不条理なサラリーマン人生・・・
上を見てもきりがないけれど、下を見ても自分より悲惨な扱いを会社から受けている人は多数いる・・・と思いたい方

【期待以上・期待通り】

真面目な骨太作品・・・

【期待はずれ】
限られた時間でカラチやテヘランなどエマージング諸国での海外勤務の悲哀を表現することは難しいですね。
今なら先進国に比して成長性著しい希望の国々・・ですが、60ー70年代では日本が希望の成長市場だったのだから発展途上国での勤務はエリートには耐え難き人事・・なんでしょうね。

商社マンやメーカーの方々は、日本の成長を支えるため(外貨を稼ぐため)中東・アフリカ・中南米・アジアを誇りを持って開拓していたのに比べ、金融・サービス業は国内マーケットが成長し続けていたので、社内での発展途上国に勤務するというコンプレックス意識は高かったとは想像できます。

”エンジョイすればいいのに ”なんて気軽に感じてはいけません。特に親のアフリカ勤務が原因で子供が学校でいじめられ孤独になっていることを表現する数分は多少なりともつらさを共感しました。

とはいえ・・・・濃密な恩地の人生を時間が短すぎる・・

さらに、主役に対してそう感じたのですから、他出演者の描き方が薄いのも必然


【キーワード】
(昇進コースという)波に乗っている人の方が辛いのかもしれない

(そこから外れないこと自体が仕事の目的となってしまう)

【感想】
アフリカの大地を照らす「沈まぬ太陽」の美しさ・・・体験したい

映画としては長時間ですが、内容が濃いので、せめて10時間ドラマぐらいの方が、しっかりと各キャラクターの深みも出せるのでは・・・と感じました。




沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD]
(2010/05/28)
渡辺 謙三浦友和

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。