スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”バブルへGo”   DVD
バブルのど真ん中の時期に、バブルの一切発生しなかったと言っても過言ではない愛知県三河地方で働いていた私は、その恩恵を受けること、体感することがありませんでした。

余談ですが、その後 異動で中東勤務
すわ!オイルマネーだ!と期待したのに、湾岸戦争直後であり、しかもオイル価格は10ドル前後。当時湾岸諸国のGDPの約8割は政府支出。上記の2重苦のため、私が中東勤務した5年弱の期間には、民間に政府からの支払いはほとんどなし・・・ 

それでもアラブ(サウジ)の方々はのほほんとしてましたね。

サウジの実質おこぼれをもらっているバーレーンへの影響が目立ったところ。

相対的にリッチで王族の属するスンニ派(サウジ)はバーレーンではマイノリティ。そのマイノリティにだけ職が優先的に割り当てられていたこともあり、シーア派(イラン)が毎週末に爆発音をさせて抗議。

爆音といっても、古タイヤの間にプロパンガスボンベを入れ点火するだけ。それが、すさまじい音がしていたので当初びびってました。

変電所の一部が壊され、停電になったときには、冷房無しで生活していたなんて人間ってすごい・・と悠長なことをその時思う余裕もなく、単に”まいったなぁ ”と思っていましたね。

それにしても NY/LNDでもそうですが、経済が悪くなると社会の歪みがあぶり出され 物騒になるんですよね。


ということで・・・中東は日本の三河か!とがっかりしたものです←失礼!どちらに対しても・・・


その中東を後にしての異動先はタイ。

97年7月のアジア危機のど真ん中

いやはや 逆バブル・・・


ということで、80年代後半の大都市バブルは未体験

だから ”バブルへGo” は 私にとっても 想像の世界

でも たぶん 多少の誇張はあっても そういう世界はあったというのは当時、東京勤務していた同僚からいやというほど聞いてましたので・・真実に近い描写なのでは・・(この辺、皆様のご意見を是非お聞かせ下さい)

ビジネス上でも、東京から聞こえてくるのは、

土地を担保に10億の商品を売った、だからその支店全体のノルマも終わった・・そんな話ばかり。

こちらは課長席から新人まで、毎月平等!のノルマ←=課長席は楽していたんだよなぁ・・どうでもいいけど  


しかも売ってたのが、**革命 1号/2号/3号って・・・・・


映画は、楽しめました

制作のホイチョイは カノッサの屈辱、私をスキーに連れてって、
東京いい店・**る店 など ミーハーで、ちょいブラックのところが好きでしたね


俳優では、阿部寛がいい味出してました。さすが売れっ子だけあります。

広末って 実は Friday とか週刊誌の吊革広告でしか見たことがなかった。


か・かわいい  ←あまりに遅い・・・沢尻エリカに気づいたのも極最近・・その直後 ”別に”事件? ←それこそどうでもいいこと・・・ですね ・・・失礼しました



PS ”おくりびと” おめでとうございます
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます Re: ちょっと留守にしていました
青雲さま

貴重なコメントをありがとうございます

>パラダイムが変わったのに気づかず・・・バブル期に成功したと見なされた人ほど”気づく”ことは難しかったでしょうね。 

欲望のコントロールは、たいていの人間にとって困難きわまりないことなんですよね
2009/04/01(Wed) 20:21 | URL | Charlie | 【編集
ちょっと留守にしていました
バブル時代、虚業家の大勢をも含めた実業家は、事業と家計を税金逃れもあって目一杯膨らませ、事業所・豪邸・別荘を作り、同時に借金の山も築き、収支(帳尻)を合わせながら、その野心を満たしてきました。

ところが、バブルというくらいで、足元は意外に脆かったのです。バブルで儲けた10億円を、きちっと10億円と認識していた堅実な人は、国債などを買って生き残っています。ただ、当時は10億円あれば、100億円の仕事が出来たのです。だから、みんなそっちへ行ってしまった。

パラダイムが変わったのに気付かず、従来からの土俵に固執していた連中はことごとく逝ってしまったのです。

誰もが踏み上げさんのように立ちまわれるわけがない。そこら辺に転がっていそうな人が、金儲けをした話を聞くのが、一番共通点があって参考になると思います。
2009/03/30(Mon) 17:24 | URL | 青雲 | 【編集
ありがとうございます
> (別件の報告です)
>
> 青雲さん、Charlie 2011さん
>
> nobinobiさんは、ブログ再開に向けて準備をされているそうです。ですから、準備が整い次第、皆さんの前に姿を現すと思います。期待しましょう! ← 墓場のダンサーさま  ありがとうございました !  

nobinobiさん  お待ちしてます!
2009/03/23(Mon) 21:44 | URL | Charlie | 【編集
(別件の報告です)

青雲さん、Charlie 2011さん

nobinobiさんは、ブログ再開に向けて準備をされているそうです。ですから、準備が整い次第、皆さんの前に姿を現すと思います。期待しましょう!
2009/03/22(Sun) 13:07 | URL | 墓場のダンサー | 【編集
ありがとうございます Re: タイトルなし
墓場のダンサーさん  ありがとうございます


> 青雲さんなら、そんな人思い浮かびませんか?←その通りですね。 青雲さん お願いします




> ※話変わりますが、今回の金融危機で、あのスティール・パートナーズが撤退中なんですね。米国では、バンカメとアイカーン氏から訴訟を起こされているそうな。ふーむぅ、栄枯盛衰は激しいなぁと思いました。←短期利益を追求することで、寿命も短くしているのでしょうか
2009/03/22(Sun) 11:57 | URL | Charlie | 【編集
青雲さんなら、そんな人思い浮かびませんか?

※話変わりますが、今回の金融危機で、あのスティール・パートナーズが撤退中なんですね。米国では、バンカメとアイカーン氏から訴訟を起こされているそうな。ふーむぅ、栄枯盛衰は激しいなぁと思いました。
2009/03/21(Sat) 20:29 | URL | 墓場のダンサー | 【編集
ありがとうございます Re: バブルの経験
墓場のダンサーさま

ありがとうございます

> バルブの時に成り上がった人で生き残った人がどれくらいいるのでしょうかね。そういう人の実話を聞いてみたいです。←そういえば、そうですね。何だかんだといって、姿形を変えることはあれ、生き残っている企業はありますが、個人でバブル時代成り上がった人で生き残った有名人って思い浮かびませんね。  アメリカならトランプ氏が該当者でしょうが・・・(今また苦しんでいるようですが)

2009/03/21(Sat) 18:18 | URL | Charlie | 【編集
バブルの経験
私はバブルの恩恵らしい恩恵は受けませんでした。

バルブの時に成り上がった人で生き残った人がどれくらいいるのでしょうかね。そういう人の実話を聞いてみたいです。
2009/03/21(Sat) 17:05 | URL | 墓場のダンサー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。