スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本に真の少年メリケンサックが生まれる時
パンクが生まれた1970年代の英国は、こんな感じ

オイルショック・ストライキ・労働党政権の誕生により、73-74年にかけて長期金利は、10%弱から15%以上に上昇。小売物価は25%を超えた。1976年にポンドに対する売り圧力が高まり、77年1月、IMFは英国に対するスタンバイ信用供与を決定。

日本の借金は総額900兆円。(この大量の国債を保有する)銀行危機を予想して銀行株を空売りした人が、財産やキャリアを失う例は数多くあった。危機が迫っているという彼らの分析は正しかったが・・日本政府が大方の予想を超えて重力に逆らうことのできる異常な能力をもっている・

「危機が起きるのは、現状維持のためのすべての政策オプションを使い果たし、問題の先送りがコストの増大しかもたらさない状況に陥った時だろう。」WSJ クーリエ・ジャポン7月号

その時、日本にはAKBではなく、真の(スタイルだけではない)バンクが登場する。

してほしくないけど・・
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。