スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 Constant Gardener ナイロビの蜂』
ブラジル リオデジャネイロのスラムの恐ろしくも生き抜く手段を行使するたくましき子供達を描いた『City of God』監督によるアフリカを舞台に、巨大医薬品企業の国も絡む不正を暴こうとするたくましき女と男の物語


しかしその権力の闇は、個人で暴くには強大過ぎた・・・


ストーリーに目新しさはありません。

しかし、舞台であるアフリカの映像はリアルであり秀逸。

スラム街で生きるアフリカの人々、
そして、妻を殺害され、その原因を探るべく、背後にある権力による妨害を友人のサポートを受けながら、一人運命を突き進む夫。

人間描写を揺れ動くハンディカメラで追うことで、心情を見事に映像化しています。

ワールドカップを意識したわけでもないのですが、アフリカ・中近東を舞台にした映画を最近良く見ます。


アフリカは、エジプトしか行ったことがない・・・中東やロンドン勤務時代にもっとアクティブであるべきでした(T_T)





ナイロビの蜂 [DVD]ナイロビの蜂 [DVD]
(2006/11/10)
レイフ・ファインズレイチェル・ワイズ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。