スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『 踊る大捜査線 ヤツらを解放せよ』
XEPERAの宣伝効果はあったのでしょうか。なんてったってアイドル、神奈川県出身の小泉今日子が怖い顔してずっと操作してたけど犯行実行犯たちのチャットをずっと見ていたのでしょうか?

マトリックスでは、サムスン携帯がスタイリッシュに使われて上手く宣伝されてましたが・・・・「踊る」での使い方では宣伝効果は薄いのではと感じました。


あれ・・・内容ですか(笑)

期待値が低かったので、後悔はしませんでした

2と同等・・かな


1までは、金もそれほどかけられない、だからこそ「踊る大捜査線」に相応しい一般庶民的事件の発生と、事件解決のためではなく、権力を守る為に警察組織が意思決定されてしまう矛盾を軽いタッチで表現され、それがバランスしていたわけです。

ところが、1が100億円もの興行成績を上げ
、2につまらぬお金をかけることができ、そしてその結果、何を間違ったか、日本実写映画史上最高の興行成績を上げてしまい3につながってしまった・・

そして、巨大化した事件の中で、青島の実直な姿の表現方法は見失われ、とってつけたような行動をさせてしまう。


原点に戻る・・・「踊る大捜査線」公開前インタビューでのこの言葉通りにやってくれてたらよかったのに

お金なんてかけないほうが、「踊る」らしい脚本が書けたんじゃないでしょうかね


スケールって大きければ良いってもんじゃないですね




スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。