スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本物の表情
「顔は雄弁だ。何千万語を尽くしても語れない事を一瞬にして表現する」(岩谷宏)

物語に説得力をもたせるには、登場人物それぞれが、その瞬間の表情をする背景があり、合理的である事。何度見ても、違和感なく感情移入できるほど練られた脚本を作るのは至難の技。

ピーター・ジャクソンの「ロード・オブ・ザ・リングス」はそんな数少ない作品の一つ。

指輪を処分した後で、ガンダルフに助けられ休憩から目覚め、旅の仲間たちとの再開を心からよろこぶフロド。しかし、サムとの再開ではそれぞれが、素直な笑顔は浮かべない。共に過ごした余りに濃密な時間は、単純な表情を許さないのは当然。素晴らしい表情に、観衆は、彼らの辛く厳しい旅を凝縮して感じるのです。


それは、ホビットの村に戻り居酒屋で無事を祝い合う4人の表情にも、滲み出ます。


宮崎駿監督曰く、「優れた作品は、その映画のどの断片をとっても、それはわかる」

登場人物それぞれを、本当に丁寧に愛情こめて描いた素晴らしい作品です。


ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション [DVD]ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション [DVD]
(2002/12/04)
イライジャ・ウッドイアン・マッケラン

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。