スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画】「カラフル」
『トイストーリー3』は3Dだから日本での興行収入が100億円を突破したわけじゃない。

『借りぐらしのアリエッティ』は、ジブリだから今夏邦画No.1になったわけじゃない。

アニメとか実写とか、関係ない!

脚本!脚本!脚本!

ストーリー!ストーリー!ストーリー!

そこに映像はついてくる!

「音ができると歌詞はそこに自然と付いてくる」宇多田ヒカル

映像は、実写・アニメを問わず。
結果として、監督が表現したかったことを伝える手段に過ぎない。

『カラフル』は、アニメで小津安二郎の領域に達した作品。日常生活に起こる機微の中で、幸福を表現することに成功している。その日常には、目を背けたい、でも身近な現実を含んでいる。

『河童のクウと夏休み』に続く原恵一監督の傑作! 必見です!


河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]河童のクゥと夏休み 【通常版】 [DVD]
(2008/05/28)
冨澤風斗横川貴大

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。