スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なぜ、マスメディアは宇多田ヒカルが嫌いなのか 2
理由は単純「相手にされないから」

デビュー当初からブログを活用して、直接ファンとのラインを築いた。

マスメディアは、情報の仲介業。

そのフィルターが、無意味、いや有害、ファンの求めるものとのギャップが広がる一方であったなら、一次情報と直接接することができる手段を得たのなら、マスメディアは存在意義を失う。

それを予感させる宇多田ヒカルの存在を、マスメディアが疎ましく感じる必然。

だから、今回の休業前ラストコンサートにおける全国映画館同時ライブ中継とUSTREAMを通じた世界同時無料中継の成功を、ITメディアなどテクニカルな側面を伝える以外のマスメディアは伝えようとしない。(ネガティブな数字だったら鬼気として積極的に伝えるでしょうね)

特にUSTは”フリー! ”

情報を如何にキャッシュに換えるか存亡をかけた試行錯誤が続く中、天敵が成果をあげることを受け入れることはできない。

そして真綿で首を絞められるユデガエルと化していく。

最終ユーザーが求めるものを、ダイレクトに伝えるコストがこれだけ急激に暴落するなかで、そのコストを、仕組みの上にあぐらをかいて付加価値もないのに飯の種にしていたメディアはかつての恐竜種族の歩んだ道を辿ってしまう運命。


  
宇多田ヒカル UTADA HIKARU UNPLUGGED [DVD]宇多田ヒカル UTADA HIKARU UNPLUGGED [DVD]
(2006/12/20)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る

BOHEMIAN SUMMER 2000 [DVD]BOHEMIAN SUMMER 2000 [DVD]
(2000/12/09)
宇多田ヒカル

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。