スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映評 5/2】『Go』
「愛と誠」「男どあほ甲子園」の60-70年代の日本の学生は集団でケンカしてた。殴り合った。
心を隠すことができない感情のぶつかり合いをしていた。
そんな空気をリアルに伝えてくれる『パッチギ!』や『Go』。

在日韓国人が感じるあからさまな差別を体で吹き飛ばす。

暴力は肯定したくない私ですが、なんだかスッキリしてしまう暴力の存在も否定できない・・そんな感情を抱かせる粋な作品でした。

(窪塚洋介も柴咲コウもムチャクチャ魅力的な人間に見えました。私ってつくづく単純な人(^_^)  )

GO【DVD】GO【DVD】
(2010/06/01)
窪塚洋介、柴咲コウ 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。