スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ショック療法】
”巨人の星”時代、”根性”に勝る練習はありませんでした。しかし、「肩が痛ければ、さらに投げ込め!」や”ウサギ跳び”は、筋肉を痛めるだけであり、目的に対する合理性がないとわかってきました。


民主党の感情政治は、最も成功した社会主義国・日本へのショック療法・・資本主義の原則無視することで、中途半端であった国民への教育を促す絶好の機会を提供している・・・

しかし・・・この情報社会、お金の流れが瞬時に行われ、国だって数日で崩壊してしまうご時世。この感情政策の対価は限りなく高く・・・そしてそれは国民が払うことになる・・・

メディアは、”木を見て森をみず”政策を支持するのか? これまでも必要以上にそれを計る試金石はたくさんあり、ことごとく期待通りwの反応を示してきたのですが(勿論、全部とは言いません)、今回は・・・期待を裏切ってほしいなぁ。資本市場の根幹なんだけどなぁ。
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。