スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地球を蹴ってはいけません 地球と会話しよう 速く走るコツ  +「運動会で一番になる方法 DVD」
「地球と喧嘩しちゃダメ、地球を蹴ったりすると、逆に筋肉や関節が負けちゃうよ。

地球のほうが強くて、優しく皆を育ててくれてるのに、それを忘れて蹴ったりすると、さすがに地球も怒るよね。

初動負荷走法をマスターすると、自然に反射的に力が生まれるんだ。その力を使って、地球を傷つけないように、

足音がしないくらいに、ていねいに、ていねいに足を置いてあげると、地球は気持ちよくて自然な跳ね返りの力をくれるんだよ。 」


『「奇跡」のトレーニング』執筆者 小山氏が子供達をコーチするときに初動負荷走法を説明する時の言葉です。

「奇跡」のトレーニング「奇跡」のトレーニング
(2004/01/11)
小山 裕史

商品詳細を見る







「ひざを上げて」「つま先で蹴って」「腕を大きく振って」走る・・・ 


漠然とした常識は、非常識だったという「運動会で一番になる方法」の理論武装版


「うさぎ跳び」「腹筋」「背筋」「タイヤひき」「チューブひき」全て早く走らないため、体を壊すため?にやっていたなんて・・・

(うさぎ跳びだけは 大学の頃「無意味」なトレーニングであることを認識しましたが、それ以外は 全く知りませんでした。)


体を痛めつけず、飛躍的に早く走れる。理論的に証明されても 人は自分の経験を生かしたがります。

その理論を実践する指導者はまだまだマイノリティ。


イチロー(胃潰瘍にはこのトレーニングは効かなかった・・m(_ _)m 「またつまらぬものを書いてしまった」カリオストロの城 五右衛門風に・・) 、伊東浩司、船木和喜


世界に誇るべきこれだけの人材を育てるのに役 だち、伊東浩司が黒人以外で世界最速の10:00を出せたのも「初動負荷理論」のおかげ。 

そんなすばらしい理論、しかも日本発の理論ならすぐ体育の授業に取り入れたらいいのに・・・・・・ それができない日本。



ところで


この初動負荷理論を使った走法とは


① スタートでブロックや地面を蹴らない


② 重心移動を先行させる


③ 膝を高く上げて地面を蹴らない(←高く・・ではなく“早く”)


④ つま先で蹴らない


⑤ 平行に、フラットに着地する


⑥ 腕を振らない



ここでも 『正しい』 思い込みでない スポーツ指導が子供達の健全なる成長に大いに役立つことが記されています。


ある超問題中学生(彼のために何人も不登校になった)が、小山氏のワールドウィングで指導を受けて以来、その不登校になった生徒を呼び戻し、

皆の面倒もみている。勉強も進んでやるようになり、成績も上がった、どのような指導がこのような結果を生んだのかについて


「選手や子供達は集中する部分の違いに気づき、何に集中すればよいのかを知り、悩まなくて良いことに悩んでいたことも知るようです。

 (その結果として 凄いトレーニングをしているのに、明るく笑顔が絶えない場になっている) 求めているものに出会う、自分が変るだけでどんなにうれしいか、

 知りたいのは「努力」という言葉ではなくその「方向性」です。 それは「要領」ではなく自分の導き方、導かれ方の道標。」


「スポーツは様々なことを教えてくれるがその最大級のものは、今の自分のレベルを冷静に見つめて、今の自分の位置と人との距離を感じること。


今どこにいれば良いのか、あの人と自分は何が違うのか、あの人に近づくためには何をするべきなのか、これがわかると自分の勘違いやそれから生まれる傲慢さは自然に消滅するかもしれない」



こんなコーチに習いたい・・



「運動会で一番になる方法」DVD を見ました

運動会で1番になる方法[DVD]―1ヶ月で足が速くなる!股関節活性化ドリル運動会で1番になる方法[DVD]―1ヶ月で足が速くなる!股関節活性化ドリル
(2006/04/01)
不明

商品詳細を見る


上記と同じ理論を横浜Fマリノスジュニアチームが

これで実証トレーニング

ほんとうに早くなるのか



これが、なるんですよ

全員がきれいに50メートルを 1秒以上 1カ月内で早くなった・・・



というわけではないです。

l 一部の子供にとても効果あり


l 大半の選手に多少の効果あり


l マイナスになった選手はなし


これで十分ですよね。

この「運動会で一番になる方法」は、かなり前に読んだのですが、実践していたわけではないので

このDVDをきっかけに子供と一緒に訓練しよう・・・かな(笑)  

小中学校時代、短距離が早い友人は“カッコよく”見えたものでした

運動会で1番になる方法―1ヶ月で足が速くなる股関節活性化ドリル運動会で1番になる方法―1ヶ月で足が速くなる股関節活性化ドリル
(2004/10)
深代 千之

商品詳細を見る



スポンサーサイト
コメント
ありがとうございます
> この手の本は一度も読んだことがありません。
>
> みんな独自の理論?に基づき、いろいろなことを言いますが、なにか「畳の上の水連」みたいで、イマイチ信用できないのです。←青雲さま  コメントありがとうございます  これはDVDと併せて見ると、実践すれば確度高く足が早くなれそうと感じられるものです。

あとは・・・実証?のみ(笑)
2009/04/11(Sat) 15:27 | URL | Charlie | 【編集
この手の本は一度も読んだことがありません。

みんな独自の理論?に基づき、いろいろなことを言いますが、なにか「畳の上の水連」みたいで、イマイチ信用できないのです。
2009/04/11(Sat) 09:14 | URL | 青雲 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。