スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勉強は日本を救う ①
(大半の)ゲームやテレビ番組なんかよりオモシロいんだけどなぁ


「教員時代、陸上部を辞めたいと申し出る生徒がいました。急に来なくなる生徒もいました。私はそんなとき、いかに生徒を引き止めるかに腐心しました。そして、どうすれば再び、自ら積極的に部活動に励んでくれるのかを真剣に考え抜きました。そこで達したひとつの結論は、私自身が陸上の楽しみを伝える言葉を誰よりも多く持っていなければならないということです。・・・リーダーとして、情熱を語る多くの言葉を持っていなければ、生徒の離れかけた心を引き止めて、再びやる気を出させることはできません。」
(”大人が変わる生活指導” 原田隆史)

大人が変わる生活指導大人が変わる生活指導
(2006/05/11)
原田 隆史

商品詳細を見る


そうかぁ。 勉強の楽しさを伝えるボキャブラリーが少ないんだ。

”勉強しておいた方が後悔しないよ”
”ゲームばかりしていると脳が退化しちゃうぞ”
”知らない人は知っている人から搾取されるのが社会の偽らざる一面なんだよ”

こんな言葉で若者は”ワクワク”しないですよね(反省)

”ワクワク”することには、何の強制力なくして自主的に喜んで取り組みますものね(大人も子供も・・)



最近の教科書はマンガのキャラクターを登場させ、カラーで見やすくしています。
でも名探偵コナンやドラえもんが教える・・といっても・・・内容が同じじゃ・・・・小手先にすぎない。



勉強の中身を、生徒の興味とつなげることができれば・・・

人気大学教授は、ほぼ例外なく?比喩として男女関係を、その教科と結びつけた話をします(結果的に、その比喩しか覚えていないことが大半なんですが・・・←私だけか(笑))

アインシュタインもそうした人間の本質?をよく分かっていたので次のような比喩で説明します
”ストーブの上に1分間手を置くと1時間のように感じる。チャーミングな人と1時間一緒にいると1分のように感じる。それが相対性理論とである。”


つづく
スポンサーサイト
テーマ:独り言
ジャンル:ブログ
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。