スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンニングが推奨される世界 2
正解が正解であるのは、学校のテスト

社会では、正しいことが正しくないことが少なくありません

=========
一人さん「 **さん、僕の足があと10センチ長かったらどうなると思う?」

**さん 「 普通になるんじゃないの」

これは正しいかもしれないけど、私の期待した答えじゃないです。「モデルみたいになるんじゃないの」とか言って欲しかった。

(斎藤一人さん 講演CDより)
=========

人を幸せにするのは、”正しい”答・・・ではないケース(笑)

別に足の短いモデルだっているわけだし・・
(少数派・・でしょうが・・)

愛のある言葉では、1+1=2ではないかもしれません

アウトプットは、相手の ”幸せ”



アランやラッセルの”幸福論”は必読書にしたらいいのに

スマイルズの”自助論”も・・・

スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。