スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自然の体内時計
在タイ時代(96ー97年) スコールが規則正しく降ることに自然の不思議を感じました

ある時からスコールが(例えば)午後4時頃から降ると、
その後、しばらくの間ずっと午後4時から降り始めるのです



そんな記憶が蘇ったのは、久々に聞いた開高健氏の講演テープ”地球を歩く”で、「アマゾンでは、マラリアを持つ蚊が午後6時になると突然大量発生し1時間後にはピタッといなくなる」 という話をしていたので・・・・



節約モードを強める中で、レンタルしていた収納スペースを返しました。

その整理の課程で、出てくる出てくるたくさんの講演カセット

三島由紀夫
小林秀雄
盛田昭夫
坂村健(トロン)
ドナルド・キーン
筒井康隆 (ハイデッガーを語る)
開高健

他 朗読本多数

ICレコーダーに録音しなおして1.5倍速ぐらいで聞いてます

本と違って赤線は引けないけれど、
文字に比べ声に含まれる情報は多いですね

特に観衆がいる場合の情報量は多い

(受けている部分しか頭に残らなくなり、
実は重要・有益な情報を逃していることも多い・・(苦笑))


スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。