スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
”生物と無生物のあいだ”   福岡伸一
”DNAこそが遺伝子の本体であることを明確に示したエイブリーの業績は、生命科学の世紀でもあった二十世紀最大の発見であり、分子生物学の幕開けをもたらしたことは疑う余地がない。DNA構造の解明、そしてDNA暗号の解読などDNA研究の嵐が疾風怒濤のごとくはじまったのは、エイブリーが研究の現場から退場してしばらくたってからのことだった。

 あらゆる科学上の報賞が与えられても過分とはいえないこのエポックは、しかしながら、孤高の先駆者の常としてほんの少し早すぎたのである。”

研究成果の価値の判定:プライド高き本人を除くと、ごく少数の同業者しかいない

研究者の評価: 昇進などは全てが・・専門誌に掲載された論文の質と量で(多くの場合、量だけで)決まる。
 だから研究者が”業績”といえば、それは通常、刊行された論文数ということになる。


博士号とかけて足の裏についた米粒と解く

そのこころは、とらないとけったくそ悪いが、とっても喰えない

(研究者という職業って、なかなかどうして大変・・ですね)


”よく私たちはしばしば知人と久闊を除するとき、「お変わりありませんね」などと挨拶を交わすが、半年、一年ほど会わずにいれば、分子レベルでは我々はすっかり入れ替わっていて、お変わりありまうりなのである。かつてあなたの一部であった原子や分子はもうすでにあなたの内部には存在しない。

 肉体というものについて、私たちは自らの感覚として、外界と隔てられた個物としての実体があるように感じている。しかし分子レベルではその実体はまったく担保されていない。私たち生命体は、たまたまそこに密度が高まっている分子のゆるい「淀み」でしかない。しかも、それは高速で入れ替わっている。”

=======
いやはや、これを読むと、”シークレット”に繰り返し書かれている”宇宙と一体の存在”である人間という定義や”引き寄せの法則”の実存が確度の高いものに感じます。


それにしても・・・・生命の偉大さよ

こうして自分の意思通りにタイプする指の動きも奇跡的確率の中で成立している。 そうした奇跡が地球上に60億人も存在する。

人の脳を機械で作ろうとすれば、1兆円はかかる・・なんて説を聞いたことがあります。その1兆円の奇跡を・・・まだ無駄にしている私・・



”生物と無生物のあいだ”・・大ベストセラーの価値は十分ありました。


といっても・・・結構 理解できていない部分が多い!
普段それほど使わない専門用語が連なると・・・・・

わかれば、もっともっと楽しい本であるのでしょうね

勉強しなくちゃ
スポンサーサイト
コメント
Re: タイトルなし
ピカイアさん  ありがとうございます

> 熱中って、はた迷惑でもあるんですよね。
> まわりはげんなり。。。私の場合。<= いやいや  熱中できない自分に対する苛立ちですよ(知ったかぶり・・です)

>
> NHKの熱中時間<=知りませんでした。  チェックします


> Charlieさんも良き熱中人のおひとりですね。<=そうであったいいのですが・・・・
2009/05/25(Mon) 23:36 | URL | Charlie 2011 | 【編集
熱中って、はた迷惑でもあるんですよね。
まわりはげんなり。。。私の場合。

NHKの熱中時間と言う番組がけっこうお気に入りです。
ノミやカンナを再生する「古道具熱中人」にもいたく同感しましたし、
駄洒落を彫刻する「パロディ木彫り熱中人」(ムンクの酒びたりなんていうのがありました)には、笑いとともに感動すらしました。
Charlieさんも良き熱中人のおひとりですね。
2009/05/24(Sun) 15:30 | URL | ピカイア | 【編集
ありがとうございます
> 今熱中していることがあって<=いいですねぇ 。 やっぱ、熱中できることがあるって素敵ですよ

生き物ってほんと すごいですよね

蚊 なんかも なんであんな細くて小さいのに意志を、もって飛び回っているんだ と
感心することしきり。・・・・とはいえ あの音が聞こえてくるとイライラして”ぶっ殺す!”と行動してます(笑)

この楽しさ・・・・中高校時代は、感じることができませんでしたねぇ。 もったいない
2009/05/24(Sun) 00:17 | URL | Charlie 2011 | 【編集
今熱中していることがあって、久しぶりの訪問です。
「生物と無生物の間」という本を、高一のときに読んだことがあります。難解でした。ウィルスの話でした。
多世界解釈という物理学のことばを理解しようとして、基礎の基礎といえる本を去年読んだんですが、私にはもっと基礎の本が必要でした。

「変わらないねぇ」と言われると、「昔の私に失礼じゃない?」と切り返すと爆笑です。

いつも色々な本の紹介ありがとうございます。
2009/05/23(Sat) 22:56 | URL | ピカイア | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。